記事一覧
事前に知りたい中絶による身体への負担

ピルの飲み忘れやコンドームの不使用などにより、希望されない妊娠が発覚した場合、十分な養育環境が確保できない状況では人工妊娠中絶の選択を余技な ...

2020年07月22日
ピルを積極的に利用しないのは日本くらい?

避妊方法にはそれぞれのお国事情が反映し、各国に特徴が見られます。日本とアメリカやフランスなどの先進三カ国の避妊事情についての調査があります。 ...

2020年06月12日
避妊するならピルとコンドームを併用するべき

低用量ピルには大きくわけて二つのスタイルがあります。28錠タイプは21日間薬を服用しますが、残り7日間は偽薬を服用するというものです。これに ...

2020年05月04日
妊婦でも美容目的でピルを服用できる?

ピルの服用を中止すれば妊娠可能な状態に戻ります。おおむね飲むのを中止してから4日ほどで体内から配合されている女性ホルモンは排出されると考えら ...

2020年04月06日
ピルが原因で不妊症になることはありません

日本国内で低用量ピルが普及しない理由の一つに、不妊症になるのでは、という誤解があります。これは卵胞ホルモンや黄体ホルモンを人為的に補給し、中 ...

2020年03月18日
喫煙者はピルを服用できない?

低用量ピルは閉経前の女性であれであれば誰でも服用できるわけではありません。身体的コンディションに副作用のリスクが高い場合や、健康上リスクの高 ...

2020年02月27日
アフターピルのアイピルでもしもの避妊失敗に備える

避妊目的で低用量ピルなどを服用するときは、毎日定期的に服用を忘れることなく継続し、休薬期間も遵守しながら間断なく継続することが必要になります ...

2020年02月07日
超低用量ピルを服用して副作用とは無縁の生活に

ピルは人為的に女性ホルモンを補給するという特性を持っています。脳は女性の身体が妊娠状態であるとの誤認識をすることで排卵を抑制し避妊効果を発揮 ...

2020年01月23日
トリキュラーを継続服用する避妊方法

日本国内において服用されることの多い、代表的なピルにトリキュラーがあります。ピルには配合量の濃度に応じて、高容量から中容量や低容量など強さの ...

2020年01月13日