• ホーム
  • トリキュラーを継続服用する避妊方法

トリキュラーを継続服用する避妊方法

2020年01月13日
微笑む女性

日本国内において服用されることの多い、代表的なピルにトリキュラーがあります。ピルには配合量の濃度に応じて、高容量から中容量や低容量など強さの程度には4段階ほどに分類されます。いずれの種類も卵細ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)の療法を配合しています。ただピルの副作用がホルモン配合量に依存するので、最近では低容量や超低容量のタイプのピルを服用するのが一般的な流れになっています。これらの分類に当てはめると、トリキュラーは低用量ピルのタイプに属します。

低容量ピルは主に配合されているプロゲストロンに違いがあり、現在では第1世代から第4世代までとなっています。トリキュラーは第2世代のカテゴリーに分類されるピルで、プロゲストロンにレボノルゲストレルを配合しています。レボノルゲストレルを配合したトリキュラーは身体への負担を軽くするために、体内への吸収については、三相性を採用しているのが特徴です。3相性とは女性の生理周期にあわせて体内のホルモンバランスに忠実に再現できるように、配合ホルモンの量を三段階に増減することでエストロゲン配合量を減少させることに成功しています。

レボノルゲストレルを配合した低用量ピルであるトリキュラーは、規則正しく服用し休薬時間を順守し継続服用することでほぼ100%の避妊効果を発揮します。しかし内服薬である以上、飲み忘れる場合があります。1錠を飲み忘れた場合は、飲み忘れにきづいた時点で速やかに服用し、その後も継続服用することで避妊効果を期待できます。それでは2錠以上飲み忘れた場合は、本来の日づけに追いつくまで1日2錠を服用して下さい。飲み忘れたからといって、服用を中止してしまうと、一からやり直しになってしまいます。

日本では低用量ピルの代表として、婦人科やレディースクリニックを受診して処方箋を交付してもらうことで薬局で入手することが容易です。しかし医療機関を受診するには平日に通院するための時間を融通する必要があるので、時間も手間もかかります。また医療機関を受診することに、心理的抵抗感を抱く方も。自宅にいながら簡単に妊娠を防止するための、低用量ピルであるトリキュラーを購入するには、個人輸入の代行サイトを利用する方法があります。個人輸入代行サイトを利用すれば煩雑な個人輸入の手続きを踏む必要がなく、普通の通販サイトを利用するのと同じ感覚で、自宅で簡単に妊娠を防止するためにトリキュラーを購入することが叶います。また個人輸入代行サイトの通販さサービスを利用すれば、簡単にまとめ買いをすることも出来ます。多くの個人輸入代行サイトではまとめ買い割引を提供しているので、リーズナブルな価格でトリキュラーを入手することが可能です。継続服用することが確実な避妊のために必要不可欠です。全てを服用してしまって、継続服用をしないと妊娠することも。常備薬の一つにトリキュラーを加えることをオススメします。